• 201805 « 
  • 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 
  • » 201807

[Edit]

ハリウッド&DLR旅行 1日目その2/ウォルト・ディズニーゆかりの地ツアー①

LAX空港を12:00に出発。
この時間がツアー開始の時間になりました。
まず向かったのが、バーバンクにあるウォルト・ディズニー・カンパニーの本社。
七人のこびとが屋根を支える社屋で有名なところです。
LAXから車で40分ほどでした。

こちらがウォルト・ディズニー・カンパニー本社の正面ゲート。
この奥に七人のこびとが見えるでしょ!?
2018DLR7_20180411124346891.jpg

道路を渡れば正面ゲートをキレイに撮影できたんですが、ここに来られた興奮でそんなことを考える余裕もありませんでした
周りを取り囲むフェンスにミッキー。
2018DLR10.jpg

シャトルストップの表示にもミッキー。
バーバンクやお隣のグレンデールにあるディズニー関連会社を行き来するのに便利なシャトルバスに、ここで乗降車できます。
2018DLR11.jpg

中がもっと見えないかなぁ…なんて思いながら社屋を撮影していたら、ガイドのIさんがセキュリティに「日本からディズニーが大好きでやって来たんだけど、中に入れませんか?」と聞いてくれました。
そしたら、女性のセキュリティ担当者が満面の笑みで「ようこそ!もちろんOKよ!!そこまでだったら大丈夫だから。」と中に入れてくれました~
Iさんのおかげでここまで良く見えるところに来られました。
2018DLR8.jpg

もうちょっと先まで入れると、ウォルトさんとミッキーのパートナーズ像やロイとミニーの像にも会えたんですが…
この日は貧しい子どもたちを映画「ブラックパンサー」の上映に招待する日なので、ここまでで勘弁してねとセキュリティさん。
本社には次々と子どもたちを乗せたバスが入って来てました。
本来なら外からしか見られなかった社屋を、ちゃんと全体を見ることができたので満足です

奥の方にはウォルト・ディズニー・スタジオも見え、ウォルトさんが使っていた部屋も見えました。
また七人のこびとの社屋の向かいには、ウォルト・ディズニー・アーカイブズがあります。
ここにはウォルトさんとウォルト・ディズニー・カンパニーの歴史がずっしり詰まってるんですよね。
2018DLR9.jpg

さて、お次はウォルト・ディズニー・アニメーション・スタジオへ。
ちなみに地図で見ると、位置関係はこんな感じです。
2018DLR14a.png
オレンジの○印が七人のこびとの社屋。
その向かいにディズニー・アーカイブズがあって、私たちが入るのを許されたのが☆印のところ。
△印は本社ゲートです。
そして、ディズニー・アニメーション・スタジオは右下にあります。

ソーサラーハットが目印のウォルト・ディズニー・アニメーション・スタジオ
2018DLR12.jpg

通りを渡ってもっと近くで撮影。
あれ?『ROY E. DISNEY ANIMATION ...』ってなってる!
ここでいろんな作品が作られ、今も新しい作品が作られてるんだなぁ。。。
2018DLR13.jpg

同じ敷地内の向かいには、ディズニー傘下のABCテレビ。
2018DLR15.jpg

こちらからディズニースタジオの敷地内を見ると、ミッキーの描かれた給水塔が良く見えます。
2018DLR17.jpg

本社ゲートからグルっと時計周りで移動し、最後は↑の地図のオレンジの□印のところへ。
ここはウォルト・ディズニー・スタジオの入口です。
2018DLR18.jpg

この向かいには大きな病院があるんですが、ウォルトさんはこの病院で息を引き取りました。

この後、バーバンクの歴史史料館バーバンク・ヒストリカル・ソサイエティへ。
ここにはディズニーに関する展示がありますが、残念ながら写真撮影禁止。。。
ここは入場料はタダでしたが、展示内容はディズニー以外にも歴史的なものがたくさんあり、特にクラシックカーの展示はすごかったです。

そして、バーバンクのお隣のグレンデールにあるウォルト・ディズニー・イマジニアリングへ。
地図で確認してもわかるように、近いです。
2018DLR16a.png

こちらがウォルト・ディズニー・イマジニアリング
ここでパークのアトラクションの設計や開発などが行われているのですが、外観は本当に普通の建物で、ディズニー関連の会社には見えませんでした
2018DLR19.jpg

この建物の住所のフラワーストリート1401番地を示す“1401”。
スターツアーズで出発前に「スターツアーズ1401便、出発を許可します」とアナウンスされるんですが、その1401便はこの住所の1401番地から来てるんですって。
2018DLR20.jpg

ウォルト・ディズニー・スタジオもアニメーション・スタジオも、ここイマジニアリングも外観だけでも見ることができて、「ここからディズニーの映画やアトラクションが生まれるんだなぁ…」とディズニーの世界の“未来”を生み出す空間に、ほんのちょっぴりですが触れることができました。

“未来”の次は“過去”。
ウォルトさんの軌跡を巡ります。






スポンサーサイト

Pagetop

Comment

Post a comment

Secret

Pagetop


プロフィール

はるまま♪

Author:はるまま♪
海外旅行大好き。
特にアメリカのディズニーパークが大好き!



ウォルト ディズニー ワールド
旅行口コミ情報

カテゴリ

openclose

最新記事

検索フォーム

ブロとも一覧

ブロとも申請フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

FC2ブログランキング