• 201703 « 
  • 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 
  • » 201705

[Edit]

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Pagetop

[Edit]

2010 沖縄旅行/1日目 その3

エメラルドビーチから水族館へ戻る途中に、カメの浜という場所があります。

 
ついでだから見て行こう
ってことで、浜へ降りて行くと、ここにもウミガメの産卵がありました。

 
ふ化予定が7月の中旬ということで、「もうすぐ生まれるんだねぇ」なんて言ってたら…
パパが
生まれてるぞ
 
1匹だけ網に引っかかっているではないですか
最初見たときはピクリとも動かなかったので、まさか…と思ったんですが、パパがつついてみたらモソモソと動き始めたので一安心。
必死に海の方に向かってもがいてました。本能なんですね

 
勝手に海に帰しちゃうのはマズイだろうということで、水族館の人に知らせることに。
総合案内のお姉さんに「カメの浜でウミガメが生まれてました」と知らせたら、すぐにウミガメの飼育員に連絡してくれました。
どんな風に保護されるのか興味があったので、再びカメの浜へ。
しばらくすると、飼育員ではなく話を聞きつけた他の水族館の職員の方たちがちらほらとやってきました。
ちょうど「そろそろ生まれるころだよねぇ。」って話を職員の方たちの間でもしていたそうです
水族館の方たちも待ちに待ったウミガメの誕生だったようです
 
20分ほど待ったかな?ようやく飼育員の方がやってきました
この間にかなりギャラリーが増えてました
飼育員さんはたった1匹ということで拍子抜けしたようですが
お話を聞いてみると、ふ化したウミガメは気温が低い時間(夜や早朝)に砂の中から出てくるそうです。
普通は、朝確認すると、砂の上にたくさんの子ガメがいるそうなんです。
この日の朝はまだ出てきていなかったので、ついさっき出てきたばかりでしょうとのこと。
こんな時間に出てくるのはとっても珍しいそうです
 
さっそく捕獲開始。

 

 
特別にちょこっとだけ触らせてもらいました
まだ甲羅が軟らかかったです。
飼育員さんが、この子が出たと思われる穴をちょこっと掘ってみると…

 
砂の中ではもそもそと子ガメが動いてました
 

この黒いのが子ガメです。
すぐに出てきてくれるのかと思いきや、まだまだ時間がかかるでしょうってことなので、諦めて帰ることに。
 
ここ海洋博公園で生まれた子ガメは水族館で保護し、1年間育てられた後、海に放流されるそうです。
元気に大きく育ってほしいな
貴重な体験をさせてくれた子ガメちゃん、そして飼育員さん、本当にありがとう
 
途中、ウミガメ館があったので寄ってみました。
あんな小さな子ガメがこんなに大きくなるのに、いったいどれだけの年月がかかるのかな?

 
ウミガメ館を出ると、もう夕暮れ時。って言ってもすでに19時を回ってました。

 
ホテルに戻る前に、海の駅に寄ってみると…

これって…アリなのかなぁ
 
ホテルに戻るとすでに20時近く。
もう外にごはんを食べに行く気力が残ってなかったので、この日はホテルのレストランでディナーバイキング
宿泊プランに無料券が付いていたので、さっそく使わせてもらいました
 
沖縄料理満載で嬉しいバイキング
でもそれ以上にデザートが充実していて、大満足でした

 

 
明日は美ら海水族館瀬底ビーチへ行く予定。
水族館は開園から行くつもりなので、明日も朝が早いぞ~
ということで、おやすみなさい
スポンサーサイト

Pagetop

Comment

Post a comment

Secret

Pagetop


プロフィール

はるまま♪

Author:はるまま♪
海外旅行大好き。
特にアメリカのディズニーパークが大好き!




ウォルト ディズニー ワールド
旅行口コミ情報

カテゴリ

openclose

最新記事

検索フォーム

ブロとも一覧

ブロとも申請フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

FC2ブログランキング


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。