• 201704 « 
  • 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 
  • » 201706

[Edit]

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Pagetop

[Edit]

2010秋 北海道旅行/3日目

北海道旅行最終日。
朝から今にも雨が降りそうな天気…
帰りの飛行機が13:55発なので、午前中だけでも雨が降らないことを祈りつつ…

10:00くらいにホテルをチェックアウト。
荷物を預けて、さっぽろオータムフェスト2010へ。

オータムフェスト最終日のこの日、ものすごい混雑を覚悟したのですがまだ朝早かったのかお客の数はまばら…
空いていたおかげで、待ち時間なく買えることができました

まずは8丁目会場
c.jpg

ここでパパは“うにめし”を、私は“焼きホタテ”、そして“豚串”を3人で食べました。
ホタテは大きくて肉厚で食べ応え十分
これぞ、北海道って味を堪能できました
c1.jpg


そして5丁目会場のラーメン祭りへ。
5店舗出店してたんですが、どれもこれもおいしいそうでどれにしようか迷ってしまいます
けっきょく私が選んだ『らぁめん無双 MU-SOU』の“焦がしネギ醤油”と、パパが選んだ『三楽』の“源ファームホエー豚チャーシュー味噌”を3人でシェアしました。
“焦がしネギ醤油”を選んだ私ですが、どちらかというと味噌の方が好みの味でした
もちろん、焦がしネギ醤油もおいしかったですよ
c2.jpg

北海道はおいしいものがたくさんあってうらやましい

飛行機の時間もあるので、あまりゆっくりできず…
他にもデザートとかいろいろと気になるものがあったんですが、後ろ髪を引かれながら会場を後にしました。
今度はゆっくりと食べ歩きしたい


ホテルで荷物をピックアップし、札幌から新千歳空港へ。
空港内で最後の買い物を楽しみ、北の大地とお別れです


今回初めて雪の無い北海道に来たんですが、雪がないとアクティブに動き回れるからいいですね
雪の北海道ももちろんステキですが…
今度はもっと広範囲に渡って観光を楽しみたいな


スポンサーサイト

Pagetop

[Edit]

2010秋 北海道旅行/2日目/旭山動物園号

帰りは特急『旭山動物園号』(全席指定)に乗って札幌へ。
2010年の4月にリニューアルされた旭山動物園号。
さて、どう変わったのかな?
(2010年1月の旭山動物園号の記事はこちら
 

車両のデザインは、今までと一緒のようです。
さぁ、我が家の席は4号車と…
今回もまたチンパンジー号でした
ペンギン号に乗りたかったなぁ…
みどりの窓口で券を買う時に希望出せばよかったのかな?
 
お隣5号車のペンギン号から電車に乗ると、デッキにはペンギンが空を飛んでます

 
そして、チンパンジー号へ。
すぐにリニューアルされた部分に気づきました
まずは、座席のカバー。

 

 

全5種類の動物がランダムに掛けられてます。
どれも耳がピンと立っててかわいい
 
そして、テーブルには…

旭山動物園の豆知識
各車両ごとに内容が違うので、車内が空いている時には全部読んで回るのも楽しいかも
 
 
席を確認すると、さっそく各車両にあるハグハグチェアで写真撮影
まずは、4号車チンパンジー号のハグハグチェアから。

↑チンパンジー

↑カバ(以前はカバではなくヒョウでした)
 
5号車ペンギン号

↑イワトビペンギン

↑キングペンギン(以前はアザラシ)
 
3号車ライオン号

↑ライオン

↑ヤマアラシ(以前はキリン)
 
2号車オオカミ号

↑オオカミ

↑ヘラジカ(ここは以前と変わらず)
 
1号車ホッキョクグマ号には客席はなく、1両まるまるフリースペース。
ここにもハグハグチェアはあります。

↑ホッキョクグマ

↑ホッキョクギツネ(ここも変わらず)
 
そして、ホッキョクグマ号の記念撮影スポットも健在。

記念スタンプコーナーもありますよ~

 
絵本やビデオを見られるモグモグコーナーもあります。
カーペットが敷いてあるので、靴を脱いでゆったりくつろげます

haruはほとんど自分の座席に座ることなく、ず~っとこのモグモグコーナーで絵本を読んだり、お話の読み聞かせを聞いたり、楽しく過ごしてました
(札幌到着までの間に2回、スタッフの方が本の読み聞かせをしてくれます)
 
 
ちなみに…

トイレにはこんなかわいいサインが
他にもかわいい動物たちがいっぱいの電車です。
洗面所もぜひのぞいてみてください
 
 
あっという間の1時間40分。
大人も子供もいっぱい楽しめる電車の旅でした

 
 
全席指定の電車なので絶対に乗り遅れられないがために、動物園を早めに退園しないといけないのが残念…
さぁ、次回(いつ?
)は旭山動物園号に乗るのか!?
それとも…?
 

Pagetop

[Edit]

2010秋 北海道旅行/2日目/旭山動物園 その4

チンパンジーの森の向かいには『北海道産動物コーナー』。
ここではフクロウを観て来ました。
haruはあべ弘士さんの絵本が大好き
あべ弘士さんは以前旭山動物園で飼育係を担当されていて、今現在は絵本作家さん。
いろんな動物に関する絵本を描かれています。
中でもharuはシロフクロウユキノさんがリーダーの『どうぶつ句会』が大好き
シロフクロウを見つけるや否や、「ユキノさ~ん」と呼ぶharu。
するとクルッとこちらを向くシロフクロウ。
またも「ユキノさ~ん」と呼ぶharu。
そしてまたこちらに振り向くシロフクロウ。
しばらくこうやってユキノさんと遊んでました

 
こちらは並んでポーズのエゾフクロウ

 
 
そして今年の春にオープンした『もうきん舎』。
実はそのニュースを見た時に、スケジュール帳を確認して「10月1~3日で北海道に行けないかなぁ…」と思ったことが、今回の旅のはじまりでした。
なので期待大で向かいます。
と、その途中で先ほどのオランウータンが空中散歩再開。
ようやく戻るようです。

 
さぁ、楽しみにしていた『もうきん舎』。

オジロワシのみが展示されていました。オオワシはいないのか…とちょっと残念
よこはま動物園ズーラシアで見た“オオワシ”が飛ぶ様子が迫力があって、羽ばたく時のバッサバッサという音がとても印象的だったので、それを期待していたんですが…
オジロワシはじっとしたまま動きません
またいつか来た時に、動いている様子が見られるといいなぁ。。。
 
そして、『オオカミの森』と『エゾシカの森』。
こちらは“食うもの”と“食われるもの”が対峙して展示されています。

 

 
エゾシカが山の頂上でたたずんでいる姿は、悠然と見えました。

 

下からもこんなに近くで見ることができます。
 
オオカミは2頭ともお昼寝中
茂みに隠れてしまっていたので、残念ながらカメラに収めることができませんでした。
 
16:05旭川発の旭山動物園号に乗るため、動物園の滞在時間が残り少なくなってきました
おみやげ屋さんも見たいので、最後にレッサーパンダとホッキョクギツネを見ることに。
こちらはレッサーパンダの吊り橋。どこにいるかわかりますか?

答えは…

木の上でお昼寝中です
この日はぽかぽか陽気だったので、気持ち良さそう
 
ホッキョクギツネはちょうど目を覚ましてくれて、夏毛の姿を見せてくれました。

ちなみに冬毛の姿はこちら↓

ぜんぜん違うでしょ
せっかく夏期間に来られたので、この違いを自分の目で見たかったんです
ちゃんと見ることができたホントに良かったぁ
 
 
まだまだ見たいけど、もう時間
夏期は旭山動物園号の発車時刻をもうちょっと遅くしてくれてもいいのになぁ…とJR北海道にうらみ節をつぶやきながら、そしてバスが旭川駅に到着後、旭山動物園号の発車時刻まで20分以上もあることに、バスの時刻をもうちょっと考えて欲しいなぁと旭川電気軌道バスにもうらみ節をつぶやきながら、旭山動物園を後にしました。
 
今回は『もうじゅう館』と『ととりの村』を見られなかったのが残念。
『ととりの村』は夏期のみの展示なので、今回初めて見るチャンスだったんだけど…
また機会があったら(いや、機会を作って)、見て回りたいと思います
 
冬期とはまた違った楽しさを体験できました
 
旭川駅で最後のお買いもの。
旭川でしか手に入らない、旭山動物園バージョンの「き花」。

 
さぁ、4月下旬に新しくなった『旭山動物園号』に乗車です
 
 
つづく…

Pagetop

[Edit]

2010秋 北海道旅行/2日目/旭山動物園 その3

13:15から『こども牧場』で“アオダイショウ”をさわれるので、そちらへ向かいました。
途中、『動物資料展示館』で外来生物展をやっていたので、パパとharuだけ中へ。
私は…大のカエル嫌い
絶対に中には入れません
戻って来たパパが「カエルが100匹くらいいたよ~。ママが入ってたら絶対にショック死してたね
入らなくて本当に良かったぁ。。。
 
『こども牧場』に入り、アオダイショウのいる小屋へ。
1番乗りで列に並びました。
時間になり、飼育員さんがカゴの中からアオダイショウを出します。
そして、パパとharuはアオダイショウをなでなで。
やっぱりこれも私はパス
 なのでカメラマンに徹します

触り心地は…「すべすべ」だそうです。
子どもは好奇心の塊。だからいろいろとチャレンジできるんでしょうね
 
13:30からオランウータンのもぐもぐタイムなので、そちらに向かいながら…
くもざる・かぴばら館

 

 
 
いよいよオランウータンもぐもぐタイム
飼育員さんから直接手渡しでリンゴなどをもらって食べてます。

バナナを檻の外側に張り付けると、手探りで見つけ、器用に指でつかんで食べてました
青菜を渡したら、お気に召さないのかポイっと投げちゃってましたが
こちらも飼育員さんの解説を聞きながらのもぐもぐ鑑賞。
オスには頬にヒダがあるとか、そのヒダが立派かどうかでオスの威厳が決まるとか。。。
そしてオランウータンもまた絶滅の危機に瀕しているという話もありました。
いろいろと考えさせられます。
 
さて、最後にエサを運動場に置くと…
のっそりのっそりと休憩しながら柱を登り、高さ17メートルまで達すると、お待ちかねの空中散歩

 

反対側まで一気に移動します。
そして柱を降りて行き、エサ場へ。

あっという間に平らげました
そしてまた上へ。

で、上へ登りきらずに途中の空中遊技場でじっとすわったまま。
みんな上を向きながらいつ動くのかと待っていると、眼の端に入ってきたのが…
お隣のてながざる
「お~い、こっちも見てくれよ~」って言ってるかのような、見事な空中サーカス

観客の興味は一気にてながざるへ。
鉄塔の周りに人が集まり出しましたが、係員さんがあまり近づかないようにガード。
なんでだろう?って思ったら、その答えがすぐにわかりました
このてながざるくん、うんていで遊びながらう○ち
をしてたんです。
上からボトボトと落ちてくるう○ち
係員さんのおかげで、被害はゼロ。
鉄塔で遊び始めたら要注意のようです
 
そして、『チンパンジーの森』へ。
こちらも外に運動場があります。
チンパンジーの家族が仲良く日向ぼっこ。まるで人間の家族のようでした

天井が透明になっている場所(スカイブリッジ)があるんですが、そこにはチンパンジーが座っていたので、じっくり観察ができました。

 
 
オランウータンもテナガザルもチンパンジーも寒さに弱いので、冬は室内展示のみ。
こうやって外で元気に遊ぶ姿は、旭山では初めて見たので、とっても新鮮
冬の旭山動物園もいいけど、雪の無い旭山動物園も見どころたっぷりでいいなぁと実感。
 
 
つづく…

Pagetop

[Edit]

2010秋 北海道旅行/2日目/旭山動物園 その2

10:30からペンギンもぐもぐタイム
もぐもぐタイムとは動物たちのエサの時間です。
ペンギン館の屋外には、すでにたくさんの人が集まってました。
haruは勝手知ったる…といった感じで、子ども専用のコーナーへ。
最前列で悠々と見てました。
私とパパも隙間を見つけて見学。
目の前に見えるのはキングペンギン
ペンギンの種類によって食べる魚も違ってくるんですが、体の大きなキングペンギンには大きなホッケ。
ホッケを一気に丸飲み

確かに歯がないんだから丸飲みするしかないんですが…
まさかこんな大きなものを
見ていてちょっと喉が苦しくなったりもして
お腹一杯になったペンギンは、「もう用はない」と言ってるかのように、すたすたと屋内に帰って行きました
 
 
そして、11:00からはホッキョクグマのもぐもぐタイム
混雑していたので、5分ごと3回の入れ替え制になりました。
我が家は2回目。ということで、ホッキョクグマのダイブを見ることはできません
(すでにダイブ済み
水槽の真ん前で見たので、体や肉球の大きさ、毛のふさふさ感など、迫力が十分に伝わってきました。
エサを追ってターンするたびに大歓声

 
もぐもぐタイムは、飼育員さんがただエサをやるだけではなく、その動物の解説をしてくれます。
ホッキョクグマ館では…
「地球温暖化の影響で北極の氷が減り、アザラシが子どもを産むための環境が少なくなってきています。ホッキョクグマはアザラシを食べて生きているので、アザラシが減るということはホッキョクグマが減る要因になってしまいます。」
と解説してくれました。
地球温暖化や生態系について考えさせられた方も多かったのでは?
 
 
ホッキョクグマ館を後にして、アムールトラを見たり、レッサーパンダを見たり…
レッサーパンダの数が冬に来た時より少なくなってるような気が…
楽しみのひとつだった夏毛ホッキョクギツネはお昼寝中
また後で見に来よう
 
そして、11:30からはカバのもぐもぐタイム
『カバ舎』の周りに人が集まり始めると、隣のキリンが興味深そうにこちらを見ていました。

 
飼育員さんがやってきて、もぐもぐタイムスタート
ハクサイやリンゴが次々と大きな口の中に入れられていきます。
奥歯でしっかりと噛んでから飲み込む…
その姿は人間と同じなんですね。

 
 
カバのもぐもぐタイムの後は、人間のもぐもぐタイム~
東門のところにある“もぐもぐテラス”(2階)へ。
園内唯一のゆっくり座って食べられるレストランです。
ここはいったん園外に出ることになるので、建物の入り口で手にスタンプを押してもらいます。
 
時間的に12:00近かったのでもう混んでるかなぁと思ったら、ぜんぜん空いてました
カバと同時刻にアザラシ館でももぐもぐタイムをやっていて、カバ舎の方がもぐもぐテラスに近い分、そしておそらくアザラシ館の方が人数が多く集まったであろう分、混む前に到着できたのかなと推測。
我が家が入店してから10分くらいすると、どんどん混み始めました。
冬の時期は外のテラス席はクローズされてますが、この時期はもちろんオープン。
天気も良く、景色もキレイ
(高台にあるので景色が見渡せます)
できればテラス席で食べたかったな。。。
そして、毎回チョイスがほぼ一緒のメインディッシュ。

 
 
ランチの後は、1階のショップでガチャガチャタイム~
旭山動物園に来ると、必ず動物フィギュアのガチャガチャをやります
今回は夏季営業期間限定販売の“雪の旭山動物園を描くスノードーム”。(1回400円)
狙い通りの“オオカミ”と“ペンギン”をGET
切りの良いところで止めておかないと恐ろしいことになりかねないので、ここで終了

 
再び動物園へ
 
 
つづく…
 

Pagetop


プロフィール

はるまま♪

Author:はるまま♪
海外旅行大好き。
特にアメリカのディズニーパークが大好き!




ウォルト ディズニー ワールド
旅行口コミ情報

カテゴリ

openclose

最新記事

検索フォーム

ブロとも一覧

ブロとも申請フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

FC2ブログランキング


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。